ブログ

私が成田市議会検索システムを利用して、一般質問および委員会での発言に絞って検索をかけたところ、合計434件がヒットしました。 検索できる最古のものは今から33年前の1989年。それ以前については検索できないので、残念ながら本市で初めてこの言葉が登場したのがいつかは分かりませんでした。 さてその1989年度は「国際都市」という言葉の当たり年で過去最多の36回。そのいくつかを紹介させていただきます。 1989年3月定例会  長谷川市長このジャパンビレッジは、すぐれた日本の伝統、文化を内外に紹介することをメーンテーマとするものでありまして、まさに国際都市成田にふさわしいプロジェクトであります。国際都市を標榜する本市の街づくりは、おおむね順調に進んでいると考えております。 1996年 6月 定例会   小川市長 所信表明特に成田の子供たちは国際都市にふさわしく世界に目を向けた地球スケールの人材に育てたいというのが私の願いであります。 2000年 3月 定例会  市長 小川国彦議員ご提案の職員を友好都市や姉妹都市へ派遣し研修させることにつきましては、国際都市を標榜する本市にとりましては、職員の資質向上と能力開発を図る上でも、有効な方法の1つと考えますが、当面は、現在行っております短期の行政交流を充実してまいりたいと考えておりますので、ご理解いただきたいと存じます。 1999年 6月 定例会 成田市議会議員 小泉一成(現小泉市長)「国際都市として国際会議場やアメ横通りのような世界のマーケット、外国の学校誘致などの積極的施策、ビジョンを掲げるべきと考えます」「現在の成田市の施策は、港まちとして空港を生かしきれていない、国際化という視点からの政策が欠けていると思われます。したがって、国際都市とうたってはいるものの、実感に貧しい」「外国の学校、大学誘致の必要性は、成田空港があって治安がよいこと、外国の学校であれば、必ず成田及び周辺地域に居を構えること、地域の学生と国際交流事業がしやすいこと、若者がふえ成田市及び周辺地域から先進文化や活気が生まれる可能性があることなどです。成田市は空の港まちです。港まちは異国情緒があるものです。ぜひ港まちとして、外国の学校誘致を計画していただきたいと思います」 ...

昨日と今日は、議会棟で市の職員と打合せをしたり、一般質問準備で会派室にこもっていました。1日中パソコンに向かっているので、肩と背中が痛くなります。 さて今回の質問の一番目は「国際都市」の意味を、行政に問うというものです。 ①本市が考える国際都市とはどのような都市をイメージしているのか 企画政策課担当の成田市総合計画「NARITAみらいプラン」には、以下のように書かれています。『「NARITAみらいプラン」という名称には、国際都市としての本市のイメージと、次代に向けた未来志向の思いが込められています。』 総務課担当の市民憲章には、以下のように書かれています。市民運動を通じて“平和で住み良い国際都市づくり”を進めるため、『市の憲法』としての役割を果たすとともに、成田市民の精神的な支柱となっております。 文化国際課担当の成田市文化芸術推進基本計画本計画では、本年度を初年度に令和5年度を目標年度としており、「時空をつなぐ心豊かな文化・国際都市 成田」を基本理念とし、4つの柱と10の施策を定めております。 消防総務課の成田市消防団長挨拶団員の多くがサラリーマン化している現在、その任務は過酷なものとなっておりますが「郷土愛護の精神」のもと団員一丸となって「市民が平和で安心して暮らせる国際都市、成田」を目指し日夜努力しております。 さてこの、どこにでも枕詞として顔を出す「国際都市」という言葉は、本市ではいつごろから使われているのでしょうか。 つづく ...

「PARA Beats! レガシーフェスティバル」この行事のことを、もっと早くから皆さんにお知らせすれば良かった・・・共生社会ウィークの3日目の今日は、中台運動公園体育館で、パラスポーツ体験、「PARA Beats!」作曲者の林田ひろゆきさんを招いての迫力の音楽ステージ、日本パラリンピック委員会河合委員長を招いてのパネルディスカッション、そして福祉施設による食品出店などで構成されたイベントが行なわれました。ロビーには国際パラリンピック委員会公認教材で学習をした向台小学校6年生の研究発表が掲示され、「共生社会」への学習が深まったことがよくわかりました。東京2020パラ水泳金メダリストの木村敬一選手のビデオメッセージで始まった本日の行事でしたが、私は、林田ひろゆき和太鼓バンドと公津の杜&成田中合同演奏に感動してしまい、思わず1人でスタンディングオベーションをしてしまいました。あの和太鼓第一人者で、世界でも有名な林田ひろゆきバンドとの「PARA Beats!」演奏は、体育館の床が震える迫力で、本当に感動いたしました。林田さんの両脇でパーカッションを担当した中学生男女は、演奏途中、笑顔の林田さんに笑顔で話しかけられていました。今回も2つの中学校の合同練習は1度だけ。成田中がバスで移動して行なったそうですが、彼らにとっては一生忘れられない演奏になったと思います。もっと早くから皆さんにこのイベントをご紹介すべきでした。それくらいに色々学べ、体験できる素晴らしい行事でした。 ...

本日12:10から市役所6Fで、ジャズオーケストラコンサートが行われました。共生社会応援プロジェクト「PARA Beats! 共生社会を奏でよう」活動の一環です。演奏してくださったのは”HIGH NOTES”というバンドで、富里高校卒業生が中心となり、成田市を中心に活動しています。そのバンドの指導者は、習志野高校吹奏楽部出身のトランペット奏者、篠原さんです。ドラム担当が急な欠席で演奏楽器が変わってしまうという状況の中ではありましたが、仲間の演奏を笑顔や手拍子で応援しながら、心温まるセッションを披露してくれました。会場には習志野高校の先輩として鳥海議員も駆けつけ、篠原さん率いるバンドの演奏を見守っていました。 ...

本日は、成田赤十字病院の国際診療部浅香先生と参議院議員会館を訪問しました。目的は、関係省庁との「在留資格切れ外国人医療問題の協議」です。小西参議院議員の仲介で行なうことができました。厚生労働省、法務省出入国管理庁、外務省9人の職員と協議を行いました。日本の超少子高齢化社会を救う手立てはただ一つ、外国人労働者の育成及び雇用です。しかしながら、彼らも医療を必要としている人間であることから、様々な問題が起きています。特に医療未払い問題は、国際都市成田市にある成田赤十字病院にとっては想像以上に負担になっています。①国の制度の狭間で正しく医療を受けられず困っている、または医療費が払えない人たちがいる②日本の皆保険制度を知らず、あるいは、あえて保険制度にあえて加入せず、医療費を払わないまま母国に帰国してしまう③訪日外国人の約3割が旅行保険に加入しないまま日本やってきて病気、けが、事故等で医療にかかり、結局10割負担の高額な金額を払わないまま帰国してしまう他にも様々な問題が山積していますが、今回は在留資格が切れてしまった外国人及び訪日外国人の医療問題について絞った協議を行ないました。現場の臨床医からの問題提起は、官僚の皆さんも把握できていないことで、今回の問題提起をもとに、9月末に第2回目の協議を行うことになりました。日本の表玄関「国際都市成田」が、この問題に真剣に向き合わないことが極めて残念ですが、放置しておくことは、結局、成田市民にも大きな影響を与えることです。 ...

申込期日が8/19と迫っております。成田市HPより抜粋『本市では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催に伴うレガシーとして、アイルランドパラリンピック委員会とのレガシー協定を締結しており、事前キャンプのために来成し、アイルランドチームを歓迎した8月18日を両者の友好関係を思い出し、市が共生社会の実現を再確認する日としています。 このことから、今年から新たに、同日8月18日から8月24日までの1週間を、「共生社会ウィーク」として位置付けて各種イベントを実施します。 本イベントを実施することにより、障がいの有無に関わらず誰もが平等にスポーツに親しみ、そして、スポーツをきっかけとした共生社会の実現を目指すとともに、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で培ったものをレガシーとして残していくことを目指します。』 ...

もしお時間があれば、お読みください。当時、英語の教科書に載っていた「かわいそうな象」の授業を通して、おこなった戦争と平和についての授業後の感想です。子どもたちの純粋な感想です。ちゃんと伝えれば、ちゃんと伝わります。ただしそれは、伝える側に「本気」があるときに限ります。ロシアによるウクライナ侵攻は、まだ終わっていません。 ...

家族でお墓参りに行ってきました。13年前に88歳で他界した父は、私が子どもの頃、終戦の日が近づくたびに話していたこと。「駆逐艦に乗っていて撃沈された。海に投げ出されたが、翌日味方の船に救出された。夜の暗い海は本当に怖く、サメに襲われないように皆で足をバタバタさせた。お国のためという言葉で洗脳されたが、あんなバカなことをしてはいけない。」父の幼なじみだった浅井さんは、父の他界後も名古屋から鹿児島まで8時間新幹線を乗り継いでお経をあげに来てくれました。そのたびに浅井さんが話してくれたこと。「私は通信兵だったけど、眞野君は優秀だったので海軍に行ったんだよ。」戦時中の「優秀」という意味は、今でもわかりません。 ...

本日は「丸木位里(いり)・俊(とし)ご夫妻の「原爆の図」展に行ってきました。原爆写真展との同時開催で、明日13日までの展示となりますが、もしお時間があれば、ぜひ訪れてみてください。 言葉が詰まります。お父さんと中学1年生くらいの親子連れがいらっしゃいましたが、現実から目をそむけず、戦争と平和についてしみじみ考える、大変良い機会になると思います。さらにお時間があれば、鹿児島にある知覧特攻記念館も訪れていただければと思います。 ...

本日10:00から「もりんぴあこうづ」で【平和の集い】が行われました。語り部として佐藤 弘子さん、山岸 美智子さんをお迎えして、実際に体験された太平洋戦争末期の東京大空襲や疎開のお話をうかがいました。終戦の日は毎年訪れますが、実体験として戦争を語れる方は年々少なくなっていきます。「戦争と平和」について考える機会を各家庭でも持つ必要を感じます。ところで私は、過去に英語の授業で「東京大空襲」について取り上げたことがあります。教科書の題材として上野動物園の「かわいそうな象」が取り上げられていたからです。当時の学年通信を紹介します。わずか2時間半で10万人の命を奪った東京大空襲について書いてあります。 ...